自転車レース 前日 練習

冬物サイクルウェア
10/25までの期間限定で3000円または6000円オフ!

クーポンコードはこちら

自転車ロードレースやTT、トライアスロンの前日練習のポイント

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

パワーメーターでおなじみのステージズサイクリングのトレーナー、ベンジャミン・シャープ氏による、自転車レースの前日に取り組むべき練習メニュー(「オープナーインターバル」と呼んでいます)についての解説動画です。

レース前日のメニュー

  1. しっかりとウォーミングアップを行います。
    動画では具体的に「何分」ということは述べていませんが、やや長めの時間をかけてアップします。
  2. 「5分走×2セット」のインターバル.。
    セット間には5分間の回復走をいれます。
    5分走はFTP強度(L4)で始め、徐々に強度をVO2max(L5)の上限(FTPの120%程度)まで上げていきます。
    ケイデンスは90-100程度をキープし、筋肉に疲労を残さないように注意してください。
  3. クリテリウムやトラックレースなどに出場する場合は15秒から20秒のスプリントを数回行います。
    ロードレースやTT、トライアスロン、グランフォンドの場合は1分間のロングスプリントを1-2回行います。

メニューのポイントは、レースで使われる各運動強度(FTP、VO2max、無酸素運動)で身体を刺激して慣れておくことです。

 

このオープナーインターバルの最大の目的は、翌日のレースのために身体の準備をすることにあります。
決して疲労を残してはいけません。
オープナーインターバルを行った後は、行う前よりも調子が良くなり、明日のレースが楽しみになるようになるべきです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策