ロードバイク 8の字練習

本当に効果のあるロードバイク8の字練習の2つのポイント

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


ロードバイクの操縦技術、コーナリングの練習のために、8の字練習は定番の基本練習です。
ですが、練習のポイントを押さえず、ただ何となく8の字を回っている人が多いのではないでしょうか?

 

正しくポイントを押さえていないと、あまりテクニック向上につながらないそうです。

 

この動画では、ロードバイクで本当に効果のある8の字練習の方法を、2つのポイントとともに解説しています。

 

ターンの目印となるコーンは、ロードバイク2台分の間隔(3m)を空けます。
この距離は毎回一定です。
一定にしておかないと、自分の上達具合が分からなくなるからだそうです。

 

8の字ターンの練習のポイントは次の2つです。

  • 目線
  • ラインどり

 

目線は、進んでいく方向に送っていきます。
ターンの折り返し地点に来たときは、反対側のコーンを見るくらいです。90度横に首を向ける感じです。
そのくらい先を見ていきましょう。

 

ラインどりは、インから入ってアウトに抜ける、あるいはアウトから入ってインに抜ける、という2パターンを走ります。
何となく8の字の真ん中のラインを走るのではありません。

 

ぜひ動画で正しい見本を見て勉強しましょう。

 

あと、ビンディングシューズでロードバイクに乗っているも、基本練習の時は安全のためにスニーカーで練習することがおすすめです。
ペダルもフラットペダルにするほうがより安全ですよ。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策