MTB ハードテイル ドロッパーポスト フルサス

MTB ハードテイル+ドロッパポストーとフルサス 下りのタイム比較

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

MTB(とくにXCやトレイルライド)で、次の2つのうちどちらのほうが速いか知りたい人はいませんか?

  • リアサスのないハードテイルMTBにドロッパーポストに装着
  • フルサスMTBで通常のシートポストを使用

ダウンヒルのことだけ考えたら、フルサス+ドロッパーポストがベストでしょうが、これでは重くなって上りに影響しそうです。
ハードテイルは軽いので上りでは有利ですが、そのままだと下りがフルサスよりも神経を使います。
下りが苦手な人は、ここはせめてドロッパーポストで下りの体重移動を楽にしたいところです。

 

というわけで、MTBで上りも下りも両立しようと思えば、上の2パターンの選択肢が考えられます。
で、実際どちらのほうが速いのか?タイムを短縮できるのか?
上りと下りのタイムを比較したのが動画です。

 

動画で実際のバイクの挙動などを見たうえで判断するのがベターだと思うのですが、
とりあえずタイムの結果だけ早く知りたいというせっかちな(?)方のために、タイムを抜き出しておきます。

 

MTBの仕様 1本目 2本目
ハードテイル+ドロッパーポスト 1分36秒 1分36秒
フルサス+ノーマルシートポスト 1分45秒 1分46秒

なお、フルサスMTBのシート高は、XCの高さ(上り重視)でした。
テストライダーによると、バンプを越える時などの、下からのサドルの突き上げがバイクの扱いを難しくしているとのことでした。
動画を観ても、明らかにフルサス+ドロッパーなしのほうが走りにくそうにしてますね。
たしかにリアホイールの挙動は、フルサスのほうがバタバタしていませんが、ライダーの重心移動がしにくそうです。

 

テストライダーは下り系の方のようなので、XCのサドル高に慣れていないというのも、今回の結果にかなり影響しているかもしれません。

 

現在ハードテイルMTBに乗っていて、下りを速く走りたいので今後フルサスを買おうかな、でも予算がなあ・・・という方もいるかもしれません。
その場合には、フルサスMTBではなく、ドロッパーポストを導入することで、経済的負担を少なくしてレベルアップできる可能性を十分に示した結果だと思います。

 

あとは、同じXC MTBでドロッパーありとなしの場合で、どのくらいタイム(ダウンヒルだけでなく上りも)に影響があるか知りたいところですね。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

■次が待ち遠しくなるローラー台トレーニング
ロード練より楽しいかも(笑)

■朝練したいけど早起きが苦手な方へ
早起きの習慣をつけるためのポイント

■脚質を知るためのスポーツ遺伝子検査
昔に比べて大幅に安くなり、検査できる遺伝子数も増えました!

■ロードバイク日焼け対策
アームカバーや日焼け止めだけではない、体内からのUV対策